語学学校一覧

マレーシアの語学学校一覧

マレーシアの語学学校を選ぶ理由

オーストラリアやイギリス資本の教育カリキュラムがしっかりした学校が多い

世界の英語能力ランキングでアジア2位にランキングされているマレーシアには質の高いローカル資本の英語学校が多く存在します。またローカル資本の英語学校以外にも、オーストラリアやイギリスなど海外資本の学校も存在し、本国での長年の英語教育の経験を基に作られた教育カリキュラムで質の高い英語の授業を行っています。最近では大学付属の英語学校も海外資本の英語学校と提携したり、カリキュラムのブラッシュアップを図ったりと大学本校のプログラムだけでなく、留学生の英語教育プログラムにも力を入れています。

気軽にマレーシアに短期留学出来る

マレーシアは短期の英語留学のプログラムも豊富に備えていますが、短期で留学の際には英語学校が紹介してくれる寮やコンドミニアムに住むことが可能です。渡航後、マレーシア生活に慣れない中でアパートを探したり、ホテルに滞在する必要も有りません。
また日本人の場合はビザ無しでもマレーシアに3ヶ月以内の滞在が可能ですので、3ヶ月以内の短期留学ではビザは必要有りません。例えば日本の学校の休みを利用して気軽にマレーシアに短期留学する事も可能です。

英語学校が利便性の高い場所にある

マレーシアの英語学校はマレーシアの大学付属の英語学校と、私立の英語学校に二分されますが、大学付属の英語学校はクアラルンプールの郊外に位置し、大学内のジム、図書館、コンビニ、カフェ、食堂などを学生価格で利用が可能です。また多国籍の大学生とも交流する事により英語の更なるブラッシュアップが可能です。一方、私立の英語学校はクアラルンプールの中心地に位置しており、英語を学びながら放課後や週末には気軽に街中の散策ができ、マレーシアの生活を満喫できます。

多国籍の学生と英語を一緒に学べる

昨今、マレーシア以外の国の英語学校では、ほぼ日本人の学生で占められていたり、もしくは一定の国の学生で占められており、多国籍の学生が程よく混在している環境で英語を学ぶといった機会が少なくなっているとの話しを耳にすることがあります。英語を学ぶことが留学の主目的ではありますが、英語を学ぶ過程で多国籍の学生と触れ合うことで異文化交流を行い、よりグローバルな考え方を身に付ける事ができるのも海外留学の醍醐味だと思います。そういう意味ではマレーシア自体が多民族国家の上、様々な国の学生が英語学校で英語を学んでおり、より多国籍の学生と日常的に触れ合うことが出来ます。